おすすめしたい「やさしい経済の本」

ビジネス本

どうもNakahiro (ナカヒロ)です!

今回は私がおすすめしたい「やさしい経済の本」を紹介します。

Nakahiro
Nakahiro

「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話」という本です。

本書の特徴

本書は経済に関する基本的な概念から、世界経済の動向までを、(10代の)娘に語りかける形式で解説しています。娘(読者)が話しに飽きないように、日常生活や身近な出来事を通じて経済の仕組みを説明し、娘(読者)が興味を持ちながら学ぶことができるように工夫しています。

Nakahiro
Nakahiro

なので、とても分かりやすいです。

しかも、ただのお父さんではなく、元ギリシャの財務大臣が娘に向けて語りかけていますので、内容も経済の基本的な概念から、国際経済やマクロ経済の動向、仮想通貨まで、幅広いトピックを取り上げています。

著者の紹介

著者のヤニス・バルファキス氏は、ギリシャ出身の経済学者であり政治家であり思想家です。

バルファキス,ヤニス
1961年アテネ生まれ。2015年、ギリシャの経済危機時に財務大臣を務め、EUから財政緊縮策を迫られるなか大幅な債務帳消しを主張し、世界的な話題となった。長年イギリス、オーストラリア、アメリカで経済学を教え、現在はアテネ大学で経済学教授を務めている。

amazonより引用

本書をおすすめする3つのやさしい理由

経済の基礎知識を楽しみながらやさしく学べる

物語り形式で分かりやすい解説によって、経済の基礎知識を楽しみながら学ぶことができます。専門用語や理論に頭を悩ませずに、経済の世界に興味を持ちながら学習したい方に最適の一冊です。

Nakahiro
Nakahiro

ヤニス・バルファキス氏も、「この本は出来るだけ専門用語を使わないことを意識し、学術論文などの作法も気にせず書いた最初で最後の一冊だ」とプロローグに書いています。

身近な事例を通じて経済の理解がやさしく深まる

身近な事例や日常生活の出来事を取り上げながら、経済の仕組みや現象を説明しています。読者は自身の経験や環境を通じて、経済の影響や関連性を理解しやすくなります。

Nakahiro
Nakahiro

読んだ次の日から、経済の仕組みについて誰かに語りたくなるかもしれませんね

幅広いトピックをやさしくカバーしてくれる

なぜ、格差が生まれるのか1万年前までさかのぼり、お金の価値、借金、銀行の役割からビットコインまで、インフレーション、景気循環、貿易戦争、グローバル化など、現代社会に関連する重要なテーマが取り上げられています。

Nakahiro
Nakahiro

7章の収容所ではタバコが通貨の代わりになった話しは「目からうろこ」でした!

最後まで読んでいただいた方に

「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話」は、教養として経済の基礎知識を身につけたいけれど、専門用語を出来るだけ避けて、楽しみながら学びたい方にぴったりの一冊です。

ぜひ一読して、経済の世界に興味を持ち、新たな知識を一緒に身につけていきましょう!

以上、最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました